クイックアプリ検索 »   新着 | 値下げ | 無料 | 高評価 | 新着オススメ! | キニナル! | 新着動画 | iPad新着 | iPad値下げ | iPadオススメ!
CatchAppNews - キャッチアップニュース

多機能、でも使いやすい 「TwitBird Pro (Ver.2.2)」

2010年1月20日10:35 [ アプリレビュー ] Posted by キャサリン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • Clip to Evernote
  • Check
2008年の秋にTwitterアカウントの登録をしたのに、ずっとほったらかしだったのですが、最近になって突然どっぷりハマりまして。
Twitterクライアントのアプリもいろいろ試してみましたが、今回は「TwitBird Pro」についてのレビューです。

Ver.2.1から、メニューが日本語になってます。すっかり英語表記に慣れていたので、逆にちょっとした違和感が。「メンション」のカタカナ表記にどうしても慣れずにいた私の気持ちが届いたのか、Ver.2.2で「メンション」だけが「mention」の英語表記に戻ってた!
あと、Ver.2.1からTwitterの公式リストにも対応していたのですが、2.1では公開設定のリストしか読み込めなかったのが、2.2で非公開設定のものも読み込めるように改善されてます。

投稿に関する機能としては、ツイートの投稿画面にあるカメラのアイコンをタップすることで、画像はもちろん、動画(iPhone3GSのみ)の投稿も出来ます。カメラロールに保存されている画像や動画だけでなく、その場で撮影したものをアップすることも可能。
また、マイクのアイコンをタップすると、音声の録音&アップロードが出来ます。画像、動画、音声をアップロードした際には投稿画面では右下にアイコンが表示されるだけですが、送信後のツイートにちゃんと自動的にアップロード先のURLが埋め込まれます。
画像の投稿先は設定画面で「TwitPic」「yFrog」などから選択・設定できますが、動画は yFrog に、音声は Twicli にアップロードされる模様。
さらに、iPod ライブラリの曲情報もツイートに挿入できます。音符のアイコンをタップするとボタンが表示され、「再生中の曲をつぶやく」を選択すると再生中の曲情報を、「曲名をつぶやく」を選択するとiPodライブラリから選択した曲の情報を挿入します。
投稿画面下部のアイコン群の右端にあるアイコンをタップすると、「URLを短縮」「ロケーションリンクの追加」「ハッシュタグ」のボタンが表示されます。 「URLを短縮」はツイート内に挿入された長いURLを自動で検知、短縮してくれます。短縮URLは設定画面で「bit.ly」と「tr.im」のいずれかを選択できます。
「ロケーションリンクの追加」はiPhoneのGPSを使った現在の位置情報を短縮URLで挿入します。そのURLにアクセスするとGoogleマップが開きます。
ただし、Twitterのジオタグ機能に対応しているので、Twitterアカウントの設定で「Enable geotagging」を有効にした上で、TwitBirdの設定画面で「Geotaging tweet」をオンにすれば、もれなくジオタグ付きのツイートを投稿することもできます。 「ハッシュタグ」は、その名の通り、ハッシュタグを埋めこんでくれます。一度使ったハッシュタグは数文字タイプするだけで候補が表示され、簡単に挿入できます。
また、書きかけのツイートを下書き保存することもできます。この機能はとても便利。 ツイートの表示画面では、タイムラインの更新は左下のリロードボタンだけでなく、画面を下にスクロールして、画面最上部に表示される矢印が上向きに変わり「手を離すと更新」と表示されたところで指を離しても更新できます。
Replyのツイートの下にはReply元のツイートも表示してくれるので、どのツイートに対するReplyなのかが一目瞭然。これも意外と便利な機能です。
プッシュ通知にも対応していますが、デフォルトではTwitBirdユーザからのReplyやDMのみ。「ツール」の「プッシュ通知」でアドオンの「Global Push」を購入($2.99)すると、WEBや他のTwitterクライアントからのReplyやDMも通知してくれるようです。
「ご近所ツイート」ではGPSを利用して、近辺で投稿されたツイートを探して、地図上にユーザーアイコンを表示してくれます。一覧表示にすると、探索する範囲も選べて、その範囲内で投稿されたツイートを一覧表示します。 これだけ多機能で350円なら、確実に元が取れると思います。

ちなみに、TwitBirdにはProの他に、無料版とPremium(230円)もあります。基本的な機能はどれも同じで、違いは以下の点のみです。
無料版 ・・・ アカウントは2つまで。広告が表示される。Global Pushに非対応。
Premium ・・・ アカウントは2つまで。(Proは7つまで。)他はProと同じ。

状況や好みに応じて選べるというのは、ありがたいですね。でも、アカウントを3つ以上利用している場合は、もれなくProを使うしかありません・・・。

2010年1月20日10:35 [ アプリレビュー ] Posted by キャサリン