クイックアプリ検索 »   新着 | 値下げ | 無料 | 高評価 | 新着オススメ! | キニナル! | 新着動画 | iPad新着 | iPad値下げ | iPadオススメ!
CatchAppNews - キャッチアップニュース

Appleスペシャルイベントまとめ!iPhone6、iPhone6 Plus、Apple WATCHが発表!

2014年9月10日05:45 [ ニュース ] Posted by Nao

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • Clip to Evernote
  • Check
Appleスペシャルイベントが、現地時間9月9日午前10時(日本時間:9月10日午前2時)から開催されました。

iPhone 6とiPhone 6 Plus、そして、Apple WATCH(iWatchじゃなかった)が発表されました。
以下、それぞれの発表内容のまとめです。

iPhone6、iPhone6 Plus
  • 4.7インチの「iPhone 6」、5.5インチの「iPhone 6 Plus」を発売。
  • スクリーンサイズはiPhone 6が1334 x 750、iPhone 6 Plusは1920 x 1080。
  • イオン強化ガラスを採用。Retina HDディスプレイ。
  • 本体の厚さは、iPhone 6が6.9mm、Plusは7.1mm。
  • ホームボタンをダブルタップすると画面が下にスライド。片手操作も可能に。
  • iPhone 6 Plusは横画面対応。ドックも縦に移動。
  • A8プロセッサ搭載。5sのA7より13%小さく、25%高速に。初代iPhoneと比べると50倍。
  • コプロセッサ「M8」もパワーアップ。気圧も把握。
  • バッテリー
    • iPhone 6が3G通話で14時間、Plusは24時間。3G/LTEブラウズは、6で10時間、Plusが12時間。
    • Wi-Fiブラウズは、6が11時間、Plusが12時間。スタンバイだと、6で10日、Plusは16日。
    • 音楽再生は、6が50時間、Plusが80時間。動画再生の場合、6が11時間、Plusは14時間。
  • LTEは150Mbps対応。VoLTEにも対応、Wi-Fiは802.11acに対応。
  • Wi-Fi Calling(Wi-Fi通話)に対応。
  • カメラ
    • 8MP、f値2.2。
    • 新機能、フォーカスピクセル。フォーカススピードが2倍に。
    • 顔認識のスピードアップや瞬きの検出。
    • iPhone 6 Plusには光学手ぶれ補正を搭載。
    • 動画は1080p 60fpsに対応。スーパースローは240fpsに対応。
    • タイムラプス、自動追従オートフォーカス。
    • FaceTime HDカメラは81%明るく、自撮りの連写も可能。
  • Apple Pay(NFC機能)
    • Touch IDに触れながら、対応端末にiPhoneをかざして使用。オンラインでの支払いにも対応。
    • 決済時には1回きりのワンタイムナンバーのみを店舗に伝える。
    • クレジットカード情報をPassbookに登録可能。
    • VISA、MasterCard、American Expressと提携。
    • 2014年10月アメリカで開始。
  • カラーは、ゴールド、シルバー、スペースグレイの3色。
  • 価格は、iPhone 6の16GBが199ドル、64GBが299ドル、128GBが399ドル。
    iPhone 6 Plusは16GBが299ドル、64GBが399ドル、128GBが499ドル。32GBがなくなって128GBが追加。
  • 発売は9月19日、予約受付は12日から。年内に115か国で発売。
  • iPhone 5sは99ドル、5cは実質無料に。(2年契約)
  • iOS 8は9月17日より提供開始。
iPhone6、iPhone6 Plusについては、詳しくはこちらをご覧ください。
Apple WATCH
  • 文字盤は四角。サファイアクリスタルガラス採用。Retinaディスプレイ。
  • 側面の「デジタルクラウン」と呼ばれるダイヤルで操作。回してスクロールやズーム、押してホームへ。
  • 画面のタッチ操作も可能。感圧式。
  • S1プロセッサ搭載。ジャイロセンサ、加速度センサ、心拍計も内蔵。
  • 本体は、Apple Watch(ステンレス)、Apple Watch Sport(アルミニウム)、Apple Watch Edition(18金)の3種類。
  • 大きさは38ミリと42ミリの2種類。
  • 材質・デザインもさまざまな6種類のバンドを簡単に交換可能。
  • 文字盤の選択や、画面に表示するものをカスタマイズ可能。
  • 画面にスケジュールや天気、他のデバイスで再生中の音楽の情報などを表示できる。
  • Siri、地図が利用可能。地図のナビ機能では曲がる場所で振動して通知。写真の保存・閲覧も。
  • メッセージ、Twitter、FacebookなどiOSアプリの通知機能。飛行機やホテルのチェックインが可能なアプリもあり。
  • 通知は、つつくような軽い振動で伝えてくれる。
  • 画面に手書きで描いて送ったり、心拍を振動で伝えるコミュニケーション機能「Digital Touch」
  • 開発者用キット「Watch Kit」を用意。専用アプリの開発・配信が可能。
  • 運動関連のアプリ「フィットネス」と「ワークアウト」を搭載。
  • フィットネスはカロリー消費や活動量などの記録、ワークアウトはランニングなどの運動を管理。
  • Apple Payに対応。
  • iPhone 6、6 plus、5s、5c、5と連動可能。
  • 価格は349ドル、2015年初頭に発売。
Apple Watchについては、詳しくはこちらをご覧ください。
噂されていた時計型デバイスは「iWatch」ではなく「Apple WATCH」という名前。予想以上に時計らしい時計でした。たぶん買います。
そして、個人的に何よりもうれしいのが、iPhoneの128GBが発売になったこと。iPhone 6と6 plusのどちらにするかが悩ましいところです。

2014年9月10日05:45 [ ニュース ] Posted by Nao