•••最大1/96オクターブの分解能を持つリアルタイムアナライザー•••

このツールを使用すると、オーディオシステムの品質を正確に分析し、システムがさまざまな周波数で発する音の強さを調べることができます。周波数スイングを簡単に見つけたら、アプリによって提供される情報に基づいてそれらを考慮に入れるようにイコライザーを設定します。 RTAオーディオは、マイクまたはライン入力からの信号を分析します。

••• 特徴 •••

解像度:1 / 2、1 / 3、1 / 6、1 / 12、1 / 24、1 / 48、1 / 96オクターブ
対数周波数スケール
調整可能な周波数範囲(20 - 20kHz)
トーンスケール図C0-H8(A4 = 440Hz)
グラフモード:ライン、カーブ、ボックス
ピークホールドグラフ
ピーク平均グラフ
RMS平均グラフ
ポインタ機能
応答時間:速い、遅い、長い
ピークおよびRMS入力メーター
フリーズ機能
スクリーンショット保存機能

•••記録仕様•••

オーディオセッションモード - 測定
ソフトウェア入力ゲイン制御
ハードウェア入力ゲイン制御
サンプルレート:48000 Hz
ビット深度:16ビット
チャンネル:1(モノラル)
周波数範囲:6Hz - 24kHz
ダイナミックレンジ:-100dB〜0dB

・・・ FFT(高速フーリエ変換)仕様・・・

フレームサイズ:8192
重複:75%...