GPS eXchange format(GPX)ファイルをインポートして表示します。 GPX-Viewerは、GPXファイルを作成する多くのGPSデバイスやその他のアプリからエクスポートされたGPXファイルを表示します。

iTunesファイル共有、電子メール、URL、ペーストボードを使用して、またはクラウド(iCloud、Dropbox、Googleドライブ、ローカルデバイスなどを含む)からGPXファイルをインポートします。

-Apple Maps、Google Maps、OpenStreetMaps、またはカスタムマップタイルソースURLを選択します。
-次のグラフを作成して共有します。
—標高とトラックポイント。
—標高と距離。
—標高と時間。
—速度とトラックポイント。
—速度と距離。
—速度と時間。
-ウェイポイントをAppleやGoogleマップなどのさまざまな地図アプリに送信します。
-ファイルを電子メールで送信します。
-オプションで、画面の自動ロックを無効にして、デバイスがスリープ状態にならないようにします。
-GPXファイルをより適切に整理するためのフォルダーを作成します。
-フォルダ内のすべてのファイルのトラックをプレビューします。
-GPXファイルを現在のGPXファイルにインポートします。
-ウェイポイント、トラックポイント、ルート、トラックの色をカスタマイズします。
-ウェイポイント、トラックポイント、ルート、またはトラックを地図上で非表示または表示します。
-地図上にトラックポイントを表示します。

サンプルGPXファイルが含まれています。

Macintoshコンピュータ用のGPXビューアとGPXエディタもあります。詳細については、当社のWebサイトをご覧ください。